エステ脱毛で使用される機械ってどんなもの?

 

ムダ毛に悩む多くの人がエステ脱毛を受けたいと思っていても、
いったいどんな機械を使って、どのような方法で施術がされるのかと、
ちょっぴり不安感を持ってしまいます。

脱毛の方法はさまざまですが、できれば痛みを伴わずキレイになりたいものですね。

エステ脱毛に使用される機械

エステサロンで脱毛に用いられている機器のほとんどが、フラッシュ脱毛器と言われる機械です。
フラッシュ脱毛とは光脱毛ともいい、フラッシュ光をムダ毛にあてて、
黒い毛根の部分を焼くことで脱毛します。
照射される可視光線は、黒いメラニン色素のみに反応し、
数日間かかってキレイに抜け落ちてしまいます。
肌へのダメージを最小限に抑えることができ、効率よくムダ毛を処理できるので、
多くのエステ店で用いられています。
エステサロンでの脱毛はエステティシャンによって施術されますが、
この施術は厳密には脱毛ではなく制毛といいます。
また、永久脱毛ではなく減毛と心得ておくようにしましょう。

毛周期に合わせた脱毛について

毛は成長する時期と抜ける時期、再度成長するための準備時期がありますが、
この成長期、退行期、休止期といった毛周期のサイクルに合わせた
脱毛プランを立てて施術がおこなわれます。
施術にもっとも適している時期が、毛が伸びる成長期です。
この成長期は2~3ヵ月に1回めぐってくるので、施術もこのペースでくり返すことになり、
光脱毛は数回行う必要があります。

美容脱毛とは?

一般的に美容脱毛とは、フラッシュ脱毛にラジオ派を加えた
E-LITE脱毛(エレクトリックライト)のことです。
生コラーゲンで保湿しながら制毛することで、ラジオ派のエネルギーと
光エネルギーの相乗効果で肌を引き締めながら制毛します。
ラジオ波と光脱毛を合わせた最新の美容脱毛で、肌を守りながら脱毛効果を上げています。
1秒間に10万回もの振動を与えるラジオ派と光脱毛による制毛は、
効率よく効果的な施術が期待できます。

一般的によく用いられているエステ脱毛器について

IPL脱毛器

元々はシミやがんの治療に用いられていた脱毛器で、
メラニン色素に反応する光を照射し、毛根にダメージをあたえて脱毛処理をおこないます。
医療用のレーザーよりも出力が弱く、肌への負担があまりかかりません。
広範囲を一度に処理できるので、施術時間が短くてすむのがメリットといえます。

ルネッサンス脱毛器

国産の脱毛器で、日本女性の肌質や毛の質に基づいて
設計製作がされているので、安心できます。

S.S.C脱毛器

美肌効果のあるジエルを塗ってから光を照射する脱毛で、
脱毛効果だけでなく美容効果も期待できます。

エステ脱毛で効果が出にくい人もいます

多くのサロンが用いてるフラッシュ脱毛器は、黒い部分に反応する光エネルギーを照射します。
「脇などが普通の人より剛毛なので、脱毛効果が得られないのでは」
などと悩んでいる人にとっては朗報で、毛が濃いほど脱毛効果が上がります。
逆に、ムダ毛の色が薄く毛根の色も黒くない人は、フラッシュ脱毛器が
的確に反応しない場合もあるようです。
また、色白の人は、ムダ毛の色と毛根の色のコントラストがくっきりと識別できるため、
フラッシュ脱毛器が黒い色をめがけて的確に光を照射するので、ムダ毛処理の効果が得られます。
しかし、色黒の人はフラッシュ脱毛器がムダ毛と肌の色を認識できないこともまれにあるようで、
脱毛効果が得にくい場合もあります。

美容クリニックで用いられるレーザー脱毛について

レーザー脱毛は、主に美容クリニックで医師により施術がおこなわれます。
この方法は、レーザーの光で毛と一緒に毛を生み出す毛母細胞も焼く脱毛方法です。
医療機関なので、かなり出力が高い医療用のレーザーを用いて施術するため、
永久脱毛」と呼ばれますが、永久とは言い切れません。

 

美容クリニックで用いられているレーザー脱毛器は、
肌への負担が少ない「ダイオードレーザー
多少の痛みが伴うと言われる「アレキサンドライトレーザー
男性の脱毛に適している「ロングパルスヤグレーザー

 

などがあります。

 

エステ脱毛と家庭用の脱毛器

最近では家庭用の脱毛器が多く出回っています。
エステ脱毛と家庭用の脱毛はどう違うのでしょうか。
また、どちらがお得なのでしょうか。

  • 性格にもよりますが、何かと忙しく時間に追われている人は、
    エステ脱毛で予約を入れて施術をおこなってもらう方が適しています。
    忙しい時間をやりくりしてセルフ脱毛をするには、よほどこまめで
    几帳面な性格でないと家庭用脱毛器は使いこなせないようです。
  • 背中や腰回りの脱毛を望んでいる人や、あまり器用でない人はエステ脱毛がおすすめです。
    利き手が右手の場合は左側のお手入れはきれいにできても、
    右側の腕や脇がうまくケアできないこともあります。
    うまくいかないとストレスになってしまうこともあるのでプロに任せた方がよいでしょう。
  • 通える範囲にエステ店がない人や、家族やパートナーに手が届かないところを
    ケアしてもらえるなら、家庭用脱毛器の利用もよいでしょう。

脱毛サロンは何回通えばいいの?

人はそれぞれ体質も違い、処理する部位にもよるので「何回通えばよい」と明確にはいえないようです。
しかし、一般的なフラッシュ脱毛の場合で、どの部位もだいたい6回が平均で、2~3ヵ月かかります。
ほとんどの人が6~8回で目に見えて薄くなりますが、満足できる状態になるには
12回くらい施術を受ける必要があるようです。
脱毛に時間がかかるのは、毛周期が関係しており、今処理しているムダ毛は30%で、
70%は休眠しています。その後の70%を脱毛するには、2~3ヵ月かかってしまいます。
さらに、目立たなくするには半年くらいかかるようです。

まとめ

近年脱毛に関心を持つ人が増えています。
エステサロンでの脱毛効果だけでなく、サロンで使用される機器の種類や
クリニックでの脱毛の違いにも関心が寄せられています。
また、手軽に脱毛がおこなえるとうたわれている、家庭用脱毛器などにも興味が示されています。
脱毛効果だけでなくリラックス効果も同時に得られるのは、なんといってもエステサロンでの脱毛です。