知っておきたい!ムダ毛の自己処理で肌にかかる負担について

普段何気なくやっているムダ毛の処理が、肌に思わぬ負担を与えている場合があります。

 

自分で処理する方法としてカミソリで剃ったり毛抜きで抜いたり、
ワックスや脱毛テープなどを使用することが多いようですが、
どの処理の方法もそれぞれ肌に負担をかけます。
最近では家庭用の脱毛器を使ってのムダ毛の自己処理をする人も、
うまく使いこなせないとトラブルの原因になることもあります。
それぞれのメリットとデメリットについて考えてみましょう。

ムダ毛の処理は剃るのと抜くのはどっちがいいの?

一般的に手軽にできる除毛方法は剃ることと抜くことですが、カミソリで剃るより
毛抜きで抜くほうが、肌へのダメージが格段に大きくなります。
毛抜きで抜くと見た目にはすっきりしますが、毛を抜くというのは生きている細胞を
傷つける行為なので、表面からは見えなくても毛穴の奥では出血しているのです。

毛抜きで毛を取り除いた後には、次のようなトラブルが起こることがあります。

  • 毛嚢炎
    毛穴が膿んだり炎症を起こします。
  • 炎症性色素沈着
    抜毛後にシミが発生し、痕が残ることがあります。
  • 埋没毛
    抜毛によって毛穴に傷ができ、傷が治るときに毛穴がふさがり、
    次に生えてきた毛が毛穴から出られず、もぐった状態になり、
    場合によっては化膿して毛嚢炎を起こすことがあります。

 

カミソリでムダ毛を処理したことのある人は多いと思いますが、
一度に比較的多くの毛を簡単に処理できるので、入浴時にササッと剃ってしまいがちです。
しかし、カミソリでムダ毛を処理した場合、毛抜きで抜くよりも肌への負担は少ないものの、
カミソリ負けを起こすことがあります。
また、何度も繰り返して剃ることで皮膚が厚くなったり、色素沈着が起きて黒ずむこともあります。

電気カミソリと安全カミソリについて

電気カミソリ(シェーバー)は男性用のひげ剃りと同じ形態のもので、
毛を引き込みながらカットしていく仕組みになっています。
T字型をした安全カミソリは、切れの良い上質の歯のものを選ばないと、肌への負担が大きくなります。

ムダ毛を自己処理するときに知っておきたいこと

除毛は、どんな方法でも肌にダメージを与えることには違いありません。
さまざまな除毛方法がありますが、特に自分でおこなうムダ毛処理には
「肌に優しいおすすめの除毛法」はないと思ってよいでしょう

ムダ毛をどんな方法で自己処理をする場合も、除毛した部分から雑菌が侵入するのを防ぐため、
処理する部分の毛を清潔にし、皮膚を蒸しタオルなどで温めてから処理しましょう。
また、ムダ毛を処理した後は炎症をしずめるために、しばらく冷たいタオルを
処理した部分にあてておきましょう。

ムダ毛処理のアフターケアをおこたると、毛穴のぶつぶつが目立ったり、
黒ずみが目立ったりしてきます。ムダ毛の自己処理後は手持ちの化粧水か、
体毛が生えるのを抑制する抑毛ローションを塗り、保湿クリームで整えます。
保湿クリームを多く塗ると、皮膚が十分に呼吸できない状態になるので、薄くつけるようにします。

ムダ毛の自己処理の方法について

脱毛ワックス

温めたワックスを肌に伸ばし、冷えて固まったら毛と一緒にワックスをはぎ取ります。
毛抜きで抜くよりも負担は少ないようですが、肌質によっては刺激が強く、表面の皮膚
まではがれてしまう恐れがあります。
広い範囲のムダ毛を1度に処理することができますが、
皮膚がかぶれやすい人には不向きかもしれません。
また、慣れないとワックスを適温に温めて塗る作業がスムーズに行えないこともあります。

脱毛テープ

粘着力の強い脱毛テープを処理する部分に貼り、一気にはがすこの方法は、
手軽とは言えかなりの痛みを伴います。
そのため、皮膚に負担がかかり、ニキビのように膿んでしまったり、
シミになることもあります。

脱毛クリーム

ムダ毛を溶かす薬剤が入ったクリームを塗るだけで簡単とはいうものの、
皮膚にはかなりの負担がかかるため、皮膚の薄い人や敏感な人は薬剤にかぶれることもあるようです。
皮膚はもともと弱酸性のため、アルカリ性の脱毛クリームは刺激を受けやすいデメリットがあります。

家庭用脱毛器

自宅でムダ毛を処理できる家庭用の脱毛器が、各メーカーから出ています。
うまく使いこなせれば、いつでも自分の都合の良いときにムダ毛処理ができますが、
使用方法が難しく手間取る機器の場合は、購入したものの使わないこともあるようです。
また、なかには「家庭用の脱毛器で永久脱毛ができる」などとうたっているものもありますが、
レーザー治療は医療機関でしか使うことができないので、家庭用として販売されることはありません。

ムダ毛とホルモンとの関係

生活習慣が乱れると剛毛に!

多毛や剛毛などで悩む女性も多く、ムダ毛の処理については切実な問題です。
体毛は女性ホルモンと男性ホルモンに関係しますが、男性ホルモンの分泌が多い人は
多毛や剛毛の傾向があると言えます。
ほとんどの場合が遺伝的なものと言われていますが、多忙や睡眠不足、
ストレスなどでも男性のような硬くてごわついた毛が生えてくることがあります。

自己処理しにくい男性毛

男性毛とは男性ホルモンによる影響を受けたムダ毛ですが、顔では鼻の下や口のまわり、
耳の中や周囲、背中の毛や乳輪、おへそのまわり、腕や足などが目だって濃くなります。
毛の質が硬い上、背中など自分では処理しにくい部分も多く、範囲が広いと
皮膚に対するダメージも多くなります。

除毛は生理が終わった後で

生理の時や睡眠不足、風邪気味など体調が悪いときは免疫が落ちているため
ムダ毛の処理は控えるようにしましょう。
除毛に一番適した時期は、生理の後の一週間後がベストだと言われています。

まとめ

どんな方法にせよムダ毛を自己処理するときは、肌にダメージを与えないように、
ていねいにおこなうようにしましょう。
自己処理による除毛のトラブルは意外に多く、わきをワックス脱毛したら
炎症性の色素沈着を起こしシミができてしまったとか、カミソリで脚のムダ毛処理をしていたら
切れすぎて出血してしまったなどの事例が多くあるようです。
自分の責任なので仕方がないとはいえ、ムダ毛を自己処理する場合は
十分気を付けておこなうようにしましょう。