エステ脱毛の前に!脱毛前・当日・脱毛後に気を付けたいこと

脱毛サロンでのお手入れでは、脱毛効果を感じるためや肌トラブルにならないためにしてはいけない注意点がいくつかあります。

カウンセリングにきちんと説明を受けていても、注意した方が良いことを全部覚えるのは難しいですよね。

脱毛サロンで受ける注意点の中には、当日にお手入れを受けられなくなる可能性のある重要なものもあるので、再度確認しておきましょう。

脱毛前の注意点

日焼け

日焼けで肌が赤くなったり黒くなることは、エステ脱毛にはNGです!

エステ脱毛の光は、黒い色に反応するため、術中の痛みが増えたり光が分散して脱毛効果が弱くなったり、肌トラブルを引き起こす危険性があります。

日焼け直後の赤くなった肌には、施術が出来なくなります。日焼けによって軽いやけど状態になった肌に照射してしまうと、熱がこもるので、肌状態が悪化して炎症が起きる可能性があります。

ほとんどの脱毛サロンでは、施術前は徹底した紫外線対策を心がけるようにカウンセリングで注意しています。

毛抜きやワックスでの自己処理

脱毛前の自己処理に毛抜きを使うと、ムダ毛だけでなく毛根ごと引き抜いてしまうため、光で毛根を破壊できずに施術が無意味なものとなってしまいます。

それどころか、埋没毛などの肌トラブルも併発してしまい、余計に脱毛期間がかってしまうでしょう。

また、ワックスでの自己処理も毛根から抜けてしまう可能性があるので、使用を避けましょう。

飲酒

脱毛前は飲酒を控えましょう。

というのも、お酒を飲むと血行が良くなるので体温が上がります。すると、術中の痛みやかゆみを感じやすくなるのです。 また、肌が敏感になったり、普段なら何も起こらないようなちょっとした刺激でも、湿疹や肌トラブルが出る場合もあります。

さらに、過度のアルコール摂取は体の水分を失わせてしまうので、肌の乾燥を引き起こしてしまうのです。

脱毛の予約前日には、お酒を控えて飲み会の予定などを入れないように注意しましょう。

薬の服用

施術の前は、風邪薬や花粉症の薬、鼻炎薬、うつ病の薬、血流を良くする薬などの服用は禁止されています。

これは、薬によって健康障害が起きたり、色素沈着や肌荒れなど肌トラブルを招く恐れがあるからです。 薬を服用している方は、カウンセリングや施術で確認されるので、正直に答えるように気を付けましょう。

また、施術の痛みを和らげようと、痛み止めの薬を「自己判断」で服用するのは危険です。

サロンによっては12時間前までなら服用しても大丈夫な場合や、低用量のピルなどは服用可能な場合もあるのでサロンに確認してみましょう。

予防接種

インフルエンザなどの予防接種は、施術の1週間前には必ず終わらせるようにしましょう。

予防接種後の約1週間は、体内で免疫を作り出している期間になるので、体調を崩しやすくなる恐れがあります。

そのため、脱毛の施術で色々なトラブルが起きる可能性が上がるので、万が一のことを考え、脱毛サロンでは1週間以内に予防接種をしている方はお断りするようです。

脱毛当日の注意点

シェービング

脱毛当日のシェービングは、肌が傷ついたり敏感になってしまい、肌トラブルのリスクにつながります。

「剃り残しがあったらシェービング代が発生するのではないか」「剃り残しを避けて照射されるのでは?」などの不安から、シェービングを念入りに行う方は少なくないでしょう。

しかし、反対に肌トラブルの可能性が高くなるので、シェービングは施術の前日までに終わらせておくように注意しましょう。

飲酒

お酒を飲むと、血行が良くなって体温が上昇するので、痒みや痛みを感じやすくなります。

施術の前日はもちろん、当日の飲酒も禁止です。普段の肌とは異なり飲酒した後の肌は、肌トラブルを起こしやすくなるため、ほとんどのサロンでは、飲酒した場合には、施術が出来なくなります。

制汗剤や保湿クリーム・オイル、日焼け止めの使用

制汗剤や保湿クリームやオイル、日焼け止めは毛穴に入り込んでしまうので、毛穴が詰まってしまいます。

そうなると脱毛効果は弱くなり、計画通りに脱毛が完了できなくなります

制汗剤の使用は控え、保湿クリームや日焼け止めを使用する際は、クリームタイプやオイルタイプではなく、液状になったリキッドタイプやスプレータイプのものを使うように気を付けましょう。

脱毛後の注意点

激しい運動

脱毛後は、日焼けした肌状態と同じようになるため、肌を冷やす必要があります。

そんな時に、エクササイズやエアロビクスのような激しい運動をしてしまうと体は温まり、痒みや痛みが出るなどのトラブルが起きてしまうのです。 激しい運動は避け、施術後は体を温めないように気を付けましょう。

照射した箇所への日焼け

脱毛の光を照射した箇所は、日焼けした肌と同じ、つまり軽く火傷をしている状態になっています。

その箇所に、さらに日焼けをすると二重でダメージを受けることになり、乾燥が進み、場合によっては炎症や色素沈着などの肌トラブルを引き起こす原因にもなります。

日焼けを避けるため、紫外線対策をしっかり行うようにしましょう。

入浴や岩盤浴など血行が良くなるもの

脱毛後の肌は、熱がこもっているため、肌をクールダウンさせる必要があります。

入浴や岩盤浴は肌を温めてしまうので、脱毛後の肌には危険です。 また、お風呂や岩盤浴には、目に見えない雑菌がたくさんいるので、肌の炎症や化膿などのトラブルを引き起こす可能性があります。

温泉やプールなど不特定多数の人が利用する施設

温泉やプール、岩盤浴など不特定多数の人が利用する施設には、細菌やウィルスが蔓延しています。

このような施設は、脱毛後のデリケートになっている肌には不向きの場です。

デリケートな肌は、ちょっとした刺激でもすぐに影響を受けてしまいます。雑菌が肌につくと、一気に炎症を起こしてしまうでしょう。 最低でも施術後の1週間は、温泉やプール、岩盤浴など不特定多数の人が利用する施設に行かないように気を付けましょう。

まとめ

いかがでしたか?

脱毛効果を上げたり、肌トラブルを避けるためには、気を付けたいポイントが沢山あります。ご紹介した注意点をしっかり確認し、肌トラブルを避けましょう!

また、このような行為は脱毛効果を下げたり、脱毛効果が無くなってしまう場合もあるので注意が必要です。