”切らない脂肪吸引”で理想のボディーを手に入れよう

メタボの原因の脂肪を吸引して、健康的で美しいボディを目指す人が増えました。

従来の身体に管を入れて脂肪を吸い出す脂肪吸引の方法から、現在では切らない脂肪吸引に変わってきているようです。
切らない脂肪吸引は、さまざまの中から選ぶことができます。
部分痩せ効果も望めるため、理想のボディを手に入れるための手段の一つとして考えてみてはどうでしょうか。

 

エステサロンでできる脂肪冷却ダイエット

エステサロンでも気軽におこなえる切らないで脂肪を減らす方法が、今話題の脂肪冷却ダイエット法です。

 

脂肪冷却ダイエットとは、脂肪を冷やすことで細胞を刺激し、体外に排出します。
この方法は美容のためだけでなく、健康のために脂肪を落したい人にもおすすめの方法です。
女性が一番気にしているのが、お腹まわりや腰回りのぜい肉です。
肥満の種類は、お腹のまわりに脂肪がたくさんつくリンゴ型肥満と、腰回りに脂肪がつく洋なし型肥満に分かれますが、男性の場合はリンゴ型が多く、女性の場合は洋ナシ型が多く見られます。

 

リンゴ型肥満の場合は内臓型肥満型が多く、洋ナシ型肥満は皮下脂肪型肥満が多いようですが、肥満を気にしている若い女性のほとんどは、下半身に脂肪がつく洋なしタイプです。
腰まわりや太ももが太った体型の洋なし型は、リンゴ型に比べ生活習慣病の割合も低くいと言われていますが、そのままの状態でいると、更年期以降は女性もリンゴ型肥満に移行していくようです。
リンゴ型になると生活習慣病を併発する可能性が高いので、早めに脂肪を取り去るのは後々のことを考えると賢明な判断といえます。

 

脂肪冷却ダイエットのメカニズム

水は0度で凍るが脂肪は4度で凍ることから、脂肪を凍らせて取り除いていきます。
脂肪冷却ダイエットのやり方は専用のカップを用いて皮膚の上から脂肪を冷やしていきますが、冷えた脂肪は細胞として活動しなくなるため、体外に尿や便として排出されます。

 

脂肪冷却ダイエットのメリットは?

切らない脂肪吸引の脂肪冷却ダイエットは、脂肪細胞そのものを減らすため、運動や食事制限で痩せるより、リバウンドしにくいのが利点です。
また、脂肪冷却ダイエットの場合は、部分痩せができるのがメリットです。
従来のようにメスを入れず、麻酔の必要もないため、身体に負担がかからず、気になるお腹太もも二の腕などが部分的にサイズダウンできるのも魅力といえます。
治療を終えたその日に入浴もでき、いつも通りの生活を送ることができます。

 

脂肪冷却ダイエットのデメリットは?

脂肪が汗や尿、便などに排出されるのは数か月かかるため、即効性は期待できません。
また、お腹やお尻、太ももなどの脂肪の多いところは施術できますが、あごや頬などの顔には適していません。

 

そのほかの切らない脂肪吸引について

光痩身

光痩身とは、脂肪に特殊な光をあて、次ぎに低周波をあてることによって、筋肉を刺激し、脂肪に働きかけて脂肪をとかします。
メスを入れないので、体にダメージを与えることなく脂肪吸引効果が得られます。

 

女性は40代を境に、脂肪のつき方が変化し生活習慣病になりやすいお腹がポッコリとでるリンゴ型肥満になりやすい傾向にあります。
また、それまでの年代では食事や運動で痩せることができても、新陳代謝が落ちてくるので40代以降はダイエットに取り組んでも、なかなか効果を得ることができません。
光痩身は脂肪自体を減らすことができるので、リバウンドしにくいのが魅力です。

 

キャビテーション

脂肪部分に超音波をあて、脂肪を破壊して分解し体外に排出させます。
効果は数ヵ月後にあらわれるため、すぐに痩せたことを実感することはできませんが一度の施術でダイエット効果が得られます。

 

エンダモロジー

ボデイのサイズダウンが目的で脂肪の除去はできませんが、セルライトの除去が可能です。
ローラーで揉んで、脂肪を柔らかくしてセルライトに働きかけます。
お尻や太もものデコボコしたセルライトの解消のためには10回以上の施術が必要です。

 

ライポソニックス

非常に高い密度の超音波をあて、脂肪細胞を破壊する最新の機器です。
脂肪細胞に集中的にあてることで、ピンポイント的に部分痩せができます。

 

ウルトラシェイプ

焦点式超音波で脂肪を溶かし、体外に排出させます。
超音波のみでの治療が可能で、脂肪細胞の代謝促進効果や セルライトの除去効果が期待できます。

 

脂肪溶解注射

美容クリニックでおこなうほうほうの一つですが、注射で脂肪細胞を破壊する薬を入れ、体外に脂肪を排出させます。
腫れや内出血、筋肉痛のような痛みが伴うことがあるようです。

 

切らない脂肪吸引のメリットとデメリットについて

脂肪吸引は食事制限なく部分痩せができます

切る、切らないにかかわらず、脂肪吸引は部分痩せが可能です。
お腹や二の腕など気になる部分の脂肪をとりたいとき、食事制限や運動では部分的に脂肪をとることは難しいようです。

 

無理な食事制限を続けると、身体の隅々まで栄養が行き届かなくなり、抜け毛や爪の割れなど体の末端に支障をきたすことがあります。

 

脂肪吸引は脂肪細胞が減るのでリバウンドしにくくなります

人によっては、さほど太っているわけでも二の腕だけが気になる人などもいるようですが、
そんな人にとっては、部分痩せが可能でリバウンドをしにくい、脂肪吸引ダイエットが適しています。

 

切らない脂肪吸引のメリットは身体に傷をつけないこと

しかし、これはデメリットでもあり、脂肪に厚みがあると効果的に除去できず、劇的に痩せることは望めません。
また、何度も根気よく施術をおこなう必要があり、時間も経費もかかります。

 

まとめ

内臓脂肪が多いリンゴ型肥満の場合は、脂肪吸引では脂肪を除去することができません。


女性の場合は皮下脂肪の多い洋なし型肥満が多いので、脂肪吸引で効果的に脂肪を除去することができます。
今や男女を問わず美しいボディを手に入れるのは憧れですが、信頼できるサロンを選ぶことが大事です。

脂肪吸引を実際におこなう前に、いくつかのサロンの情報をインターネットで調べるなどして、自分に合ったところを選ぶようにしましょう。