知っておきたい!ボディエステの効果を最大限に実感する方法

 

ダイエットを成功させるためには、適度なカロリー制限はもちろんのこと、脂肪燃焼を促す運動も、適度に取り入れて行く必要があります。

 
ところが、体内のホルモンバランスが崩れていたり、代謝機能が弱っていたりする場合では、ダイエットや運動を行っても、思うように脂肪が落ちずにイライラすることがあります。
このようなときに役立つのがボディエステですが、ボディエステはただ受ければ良いというものではなく、その効果を最大限に実感するためには、ちょっとしたコツがあります。

ボディエステの種類と効果について

代表的なボディエステには以下の種類があり、これらのボディエステは、部分痩せを実現させることができるというメリットを持っています。

フリーズファット

他の細胞組織よりも低い温度に弱いという、脂肪細胞の性質を利用したもので、
気になる部分に冷却装置を当てて脂肪細胞のみを凍結させ、対外へ排出するという方法です。
このボディエステは、血管や神経など脂肪組織以外の組織にダメージを与えることなく、脂肪細胞のみを凍結させる方法で、凍結させた脂肪細胞は、数カ月間かけてゆっくりと体外へ排出されて行きます。
このボディエステは、ダイエットや運動では落とすことができなかった脂肪を落とすことができます。

セルライトリートメント

ハンドマッサージによって頑固なセルライトを揉み出し、体外へ排出させる方法です。セルライトは、体内に蓄積された皮下脂肪に、水分などの老廃物が絡みついてできた塊で、長い時間をかけて作られています。
それだけに、セルライトケアを行ったとしても、1回でその塊がほぐれることはないと考えられ、複数回の施術を根気よく行う必要があります。

キャビテーション

超音波による振動を皮下脂肪に与え、脂肪細胞内に気泡を発生させる方法です。この方法は、脂肪細胞そのものを破壊する効果があるといわれてますので、リバウンドの可能性が低いというメリットがあります。
この方法もまた、1回ではっきりとした効果を得ることが難しいため、最低でも2回、6回前後の施術で、目に見える効果を得ることができるといわれています。

ラジオ波

高周波に分類されるラジオ波で、皮下脂肪を温めて分解し、体外へ排出させる方法です。皮下脂肪の分解だけではなく、血行促進効果も得ることができるというメリットがあります。
血流の改善されれば、血管がリンパ管を圧迫することがなくなりますので、当然、リンパの流れもスムーズになります。
すると、ラジオ波によって温められて分解された皮下脂肪は、より体外へ排出されやすくなります。

ボディエステの効果を最大限に実感するためには?

今回ご紹介したボディエステは、どれも食事制限なしで行うことができるボディエステとして高い人気を誇っています。
ですが、これらのボディエステを受けたあとには、何点かの注意点がありますので、ボディエステをお望みなのであれば、以下の点を頭に入れておきましょう。

  • 暴飲暴食を避ける
    今回ご紹介したボディエステには、皮下脂肪の分解効果や、セルライトほぐし効果を期待することができます。ですが、ボディエステでできるのはここまでで、ボディエステで摂取カロリーを減らすことはできません。
    つまり、ボディエステを受けたことで安心して暴飲暴食を繰り返してしまった場合には、せっかくのボディエステの効果が薄れてしまう可能性が高まるということです。
    ボディエステを受けたあとには、なるべくカロリーオーバーにならないように食事の内容に注意する必要があります。
  • セルフマッサージをする
    温めて軟らかくなった脂肪は、そのまま放置していると、元の状態に戻ります。それを防ぐためには、施術を受けてそのまま放置するのではなく、セルフマッサージを行っておきましょう。
    これを行っておくことにより、軟らかくなっている脂肪がより分解されやすくなり、さらに分解された脂肪は、リンパ管を通って体外へ排出されやすい状態になります。
    セルフマッサージは揉み出しでもOKですが、おすすめできるのはリンパマッサージです。特にお風呂上がりには血行もリンパの流れも良くなっていますので、このタイミングでリンパマッサージを行えば、ボディエステの効果を最大限に引き上げる効果を期待することができるでしょう。
  • 水分を多めに摂取する
    分解された皮下脂肪は、リンパ管を通って水分とともに体外へ排出されて行きます。そして、この時に体内の水分量が不足していると、水分代謝の悪さによって脂肪成分がなかなか体外に排出されない状態になります。
    せっかくボディエステをエステを受けたのに、肝心の脂肪成分が体内で滞ってしまてしまっては元も子もありませんよね?これを防ぐためには、施術後に、多めの水分を摂取することが大切です。
    とはいえ、糖分を多く含むジュースや缶コーヒーなどを摂取してしまうと、体内の糖分量が増えるだけではなく、カロリーオーバーになって水分を摂取した意味がありません。ボディエステ後には、カロリーを気にする必要がないお茶やミネラルウォーターなどを多く摂取することに努めましょう。
  • カロリー消費にも注意しましょう
    ダイエットでは摂取カロリーをカットすることができますが、積極的にカロリーカットするのであれば、適度な運動を行うことも大切です。
    たとえば、体重50㎏の方であれば、20分のウォーキングで約60キロカロリーを消費することができます。これを60分行えば、180キロカロリー消費できることになり、これはご飯お茶碗1杯に相当するカロリーです。毎日の運動は難しいかもしれませんが、普段からなるべく歩く、エスカレーターやエレベーターではなく階段使うンなどの工夫を行うこともカロリー消費につながりますよ。

まとめ

ボディエステの効果最大限に実感するためには、施術後のご本人の努力も大切です。
とはいえ、その努力は生活の中に少し加えることができればOKという簡単な努力です。
ボディエステは、施術後の注意事項をきちんと守れば、早い段階で効果を実感することができますので、今回ご紹介した注意事項をしっかりと頭に入れて、ボディエステ後を過ごしてみて下さいね。