フェイシャルエステにかかる費用相場について

美肌を目指す女性なら、一度は気になったことがあるのがフェイシャルエステではないでしょうか。

タオルで髪をまとめて、エステティシャンの両手に頬を包まれているあの「エステ」の映像がぱっと目に浮かぶという方も多いはず。

 

しかし、実際にフェイシャルエステを受けてみようかな?と思ってウェブサイトを検索すると、費用は初回・お試し体験の価格ばかりが出てきますよね。

 

結果的に、実際に「コース」で通うときの料金相場が分からず、初回お試しで無理矢理高額なコースを契約させられるのではと思って一歩を踏み出せない方も多いのではないでしょうか。
費用についてはどうしても気になるでしょうから、今回はそこに焦点をあててフェイシャルエステにかかるお金関係の情報を集めてみました。

 

コースや支払い方法によって、費用の相場は様々です。

こちらの記事の中から、ご自分が受けたいと思っているコース、選ぼうと思っている支払い方法などからおおよその費用相場を計算してみてくださいね。

 

なぜ初回・お試し体験はあんなに安いの?

多くのエステティックサロンでは、驚くほど安い初回体験料金が設定されています。

しかし、それはあくまで「お試し」の料金。

実際に一度試しに施術を受けてもらって、そこで技術を信頼してもらうことによって、通常料金で契約をしてもらうために、材料費のみや赤字覚悟の価格を設定しているエステティックサロンがほとんどです。

 

もちろんエステティックサロンも収益を上げなければ経営を続けられませんから、「お試し」で施術を受けに来たお客さんに対して、サロンの特徴やフェイシャルエステのメリットなどを紹介することで、契約をしてもらえるように働きかけます。

 

ただしここで大切なのは、私たちはそこで無理に契約を結ぶ必要はないということ。

フェイシャルエステは、サロン選びさえ間違えなければ美肌には大きな効果があります。

ですから「お試し」の施術をしっかりと受けて、施術前と施術後の肌状態をきちんと確認し、効果があったと思えば契約をすればいいのです。

逆に言えば、「このサロンの施術の効果が感じられない」「エステティシャンの接客が不安」など、不満な点があれば契約をしなくてもよいということです。

 

「お試し」は、サロンと私たちの相性をチェックするための大切な機会ですから、恐れず体験を受けてみてくださいね。

 

施術内容ごとの料金相場

エステティックサロンは、施術に使う材料費、人件費、家賃や光熱費など経営にかかる料金など、さまざな条件を加味して料金設定をしています。

多くの場合、家賃の安い郊外のエステティックサロンでは料金が安くなる傾向にあります。

 

しかし、逆に周囲に全く他の競合がない地域では料金が高かったり、都心部でも競合が多い地域では驚くほど安い価格設定がされている場合もあります。

以下では、施術内容ごとの料金相場をざっくりとまとめてみました。

 

  1. イオン導入の料金相場 15,000円~20,000円

    イオン導入は、専用の機器を用いてビタミンCなどの美肌成分を肌の奥まで届けるという施術です。ビタミンC以外にもイオン導入によって用いる美肌成分は様々で、成分を変えることによって肌にもたらす効果も変わります。そのため、用いる成分によっても料金は左右されます。

  2. ピーリングの料金相場 15,000円前後

    ピーリングとは、専用の薬剤や機械などを使ってお肌の角質を除去していく施術です。角質を除去することで、主に肌のくすみやざらつきに効果があるとされています。

  3. リンパドレナージュの料金相場 15,000円前後

    リンパドレナージュは、リンパの流れに沿って顔をマッサージしていく施術になります。リンパの流れを外から刺激してスムーズに流すことによって、溜まっている老廃物や血液の流れを良くし、むくみをとって小顔になる効果があります。また、同時に血行が良くなる場合もあり、その場合は肌の血色もよくなるため、クマなどにも効果があるようです。

  4. フォトフェイシャルの料金相場 30,000円~

    フォトフェイシャルとは、特殊な光を肌に照射して、シミやそばかすを消したり、コラーゲンの生成を高めたりする施術です。フォトフェイシャルは、肌そのものの自己治癒力や回復力を高める機能があるため、先に述べたシミ・そばかす以外にも、ニキビや赤ら顔、毛穴、美白など、あらゆる肌悩みを解決できる施術です。しかし、このフォトフェイシャルは本来美容皮膚科などの医療機関でしか受けられない、保険適応外の施術であるため、料金は高めに設定されています。

 

支払い方法の種類

エステティックサロンの支払いは、様々な方法が設定されています。以下では、その一部を簡単にご紹介します。

 

コース制

多くのエステティックサロンでは、「○回コース」などと、通う回数と料金が一緒に設定されています。このコース制を選択すると、契約時に全額をサロン側に支払い、あとは支払いをせずに設定された回数分サロンに通うだけ、という形になります。

支払いの方法は以下の3つ。ただし、カード払いができないサロンもありますから注意が必要です。

 

現金

通常の現金一括払いです。

 

カード

自分の持つクレジットカードで支払います。分割払いやリポ払いなども可能ですが、サロンによっては一括払い以外できないこともありますので注意が必要です。

 

ローン

サロンが契約しているローン会社を利用します。手数料が上乗せされたり、ローン払いの場合は料金が高くなることもありますので注意が必要です。

チケット制

5回チケット、10回チケットなど、回数券をまとめて購入するシステムです。コース制と違い、空いた時間にちょこちょこと来ることができることがメリットと言えるでしょう。

また、多くの場合都度払いより1回当たりの料金が安く設定されています。
ただし、多くのチケットは有効期限が設定されていますので、その点は注意をしてください。

 

貯蓄残高制

大手のエステティックサロンでよく採用されている支払い方法です。お客さんは一番最初に50万円から300万円など高額をサロンに納め、施術を受けるたびに、施術内容に応じた料金が引き落とされるという方式です。

 

この方法を用いる場合は、自分がいくらをエステティックサロンに納め、今回の施術がいくらで、残高がどれだけ残っているのかをこまめに確認することが大切です。

 

都度払い

1回当たりの料金を都度現金やカードなどで支払う方法です。1回当たりの料金は最も高くなりがちですが、あまりこまめに通えなかったり、時々自分へのご褒美として通う方にはこの支払いが一番確実でしょう。

 

まとめ

フェイシャルエステの施術ごとの料金相場と、支払い方法が分かって頂けたのではないかと思います。

自分に合った施術と、無理のない料金設定がなされているエステティックサロンを見つけて、さらに美しい肌を目指してくださいね。