フェィシャルエステに通う頻度はどれくらいがベスト?

フェイシャルエステに通うためには、そのための時間を作る必要がありますし、予算も必要です。それだけに、フェィシャルエステに通うに当たっては、どれくらいの頻度で通えばいいのか?という部分が気になりますよね。

 

フェィシャルエステは、目的に応じたメニューが用意されており、それぞれの施術や、通う方の年齢によって、通う頻度が異なります。
それではまず、フェィシャルエステの種類ごとに、どれくらいの頻度で通うのがベストなのかという部分から、ご紹介して行きます。

 

フェィシャルエステってどれくらいの頻度で通うもの?

フォトフェイシャル

フォトフェイャルは、特殊な光をお肌に照射して行う方法で、年齢によって生じたたるみの改善効果や、美白効果などを期待することができます。
また、フォトフェイシャルとお肌のターンオーバー周期は密接な関係にあるといわれ、ターンオーバー周期が28日とするのであれば、28日前後に1回の施術が適切であるといわれています。
フォトフェイシャルは、じっくりと取り組む必要がある施術で、およそ5回程度の施術で、はっきりとした効果が現れてくる方が多いようです。

ピーリング

ピーリングは、ターンオーバーの促進効果や、ニキビ跡の改善効果を期待することができる施術です。
この方法は、ピーリング剤によって古い角質を剥がし、新たな角質を表皮に押し上げることを目的として行います。
そして、気になる頻度ですが、ニキビ跡改善を目的として行うのであれば、1~2週に1回程度、シミやくすみの改善が目的なのであれば、およそ月1回程度の頻度が適切であるといわれています。

リンパマッサージ

リンパマッサージは、リンパをスムーズに流すことを目的として行われる施術で、むくみの改善効果や小顔効果を期待することができます。
そしてその頻度は、できれば毎日がベストです。
ですが、毎日フェィシャルエステに通うのは、時間的にも経済的にも難しいでしょう。
となると、特にむくみが気になるときにフェィシャルエステに通い、それ以外の日は、ご自身でリンパマッサージを行うという方法がベストでしょう。
リンパマッサージの方法については動画サイトや書籍などで確認することができますので、まずはセルフで行うことができるリンパマッサージをマスターしてみましょう。

毛穴吸引

毛穴吸引は、特殊な美容器具で毛穴に詰まった皮脂や汚れを瞬間的に吸い出すことができる施術です。そのため、1回受けた方は癖になって頻繁に受けたいと考えることがあるようですが、あまり頻繁に受けると皮脂分泌が多くなる可能性がありますので、2週間に1回程度にと留めておくと良いでしょう。
また、毛穴詰まりが改善されてきたら、1カ月に1回程度の施術で、綺麗な状態の毛穴をキープすることができるようになるといわれています。

フォトフェイシャルは年齢によって通う頻度が違う!

それでは次に、年齢ごとのフェィシャルエステに通う頻度についてご紹介します。

  • 20代
    なにもしなくても肌トラブルが比較的少ない年代ですが、毛穴詰まりやニキビ、ニキビ跡が気になる場合には、月1回~2回程度の頻度で通うと良いでしょう。
    そして、注意して頂きたいのは、神経質になり過ぎて、頻繁に通ってしまわないということです。
    フェィシャルエステは外部からお肌のケアを行いますが、これを頻繁に続けてしまうと、お肌本来の代謝機能が乱れて、肌老化が早まることが考えられます。
    20代の方は、月1~2回、これがフェィシャルエステに通うのに適切な頻度です。
  • 30代
    女性ホルモンが減少し始める年代で、それに伴い、できてしまったシミが消えにくいなどの肌トラブルが起こりやすくなります。ですが、30代の方もあまり品半に通うことはおすすめできませんので、月3回程度を目安として通うと良いでしょう。
  • 40代
    経年変化によるシミや、皮下の美容成分不足による小じわが目立ち始める年代です。この年代の方は、週1回程度を目安として、フェィシャルエステの通うのが理想といわれています。
  • 50代
    肌老化が進む年代であるため、週1回以上のペースでフェィシャルエステに通うと良いでしょう。また、この年代になると、自然に筋力が落ちてきますので、日々頬の筋肉を鍛えるエクササイズを行うと、フェィシャルエステの効果をより実感しやすくなります。

フェィシャルエステはご自身のペースで!

上記では、理想的なフェィシャルエステに通う頻度をご紹介してきました。
ですが、フェィシャルエステは、どの施術であっても、絶対に週○回、月○回というように決めて通わなくてはならないというものではありません。
通う頻度に捉われてしまうと、今度は義務感のような感情が出てくることも考えられ、こうなるとフェィシャルエステに通うこと自体を窮屈に感じることもあるでしょう。
これでは、フェィシャルエステに通う嬉しさや楽しさが半減してしまいますよね。
フェィシャルエステに通うと決めたのであれば、あまり神経質に頻度に捉われず、ご自身にとって無理のないペースで通うのがベストでしょう。

まとめ

フェィシャルエステに通う理想的な頻度は、施術内容や年代によって異なります。ですがも、フェィシャルエステはもともと通う頻度が決められているわけではありませんので、今回ご紹介した頻度は、あくまでも目安として捉えておいて下さい。
いつでも綺麗な自分でいたいと願うのは、どの年代であっても変わりありません。
ですが、フェィシャルエステに通うことをご自身で義務化してしまうと、それはそれで窮屈になります。そうなってしまうと、ご自身のためのフェイシャルエステなのか、はたまたフェィシャルエステに合わせるために自分が存在しているのかわからなくなってしまいます。
フェィシャルエステに通うことは、物質的な美しさを手に入れることだけが目的ではなく、心へのご褒美も目的としているはずです。
そのご褒美に対して窮屈さを感じてしまっては、まさに本末転倒です。
フェィシャルエステに通うことになったのであれば、目安となる頻度に捉われず、ご自身のペースでゆったりと通うことを心がけてみてはいかがでしょうか。