たるみが気になり始めたらアンチエイジングを始めよう!おすすめエイジングケア

加齢による肌のたるみは誰しもが避けられない肌老化です。

頬や顎、目の下、フェイスラインのたるみが気になり始めたら、そろそろアンチエイジングを始めた方が良いかもしれません。ここでは、おすすめのエイジングケア方法をご紹介します。セルフケアからクリニック、エステでのケアをご紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

たるみの原因

なぜ顔はたるんでしまうのでしょうか。まずは、その原因について知っていきましょう。

皮膚の内部にはコラーゲンが網目のように張り巡らされ、それが壊れたり劣化することで肌のハリがなくなっていきます。その破壊や劣化の原因が紫外線と肌の乾燥です。紫外線と乾燥は、肌の内部にある真皮層の弾力を保つコラーゲンやエラスチンを劣化させてしまうので、皮膚はシワが出来やすい状態になり、たるみが生じます。

紫外線対策や乾燥の対策は、年齢に関係なく出来るケアです。

日差しが強い日だけでなく、一年中紫外線対策を行うように心がけ、肌は乾燥しないようにスキンケアで保湿してあげることが大切です。

たるみだけでなく、紫外線と乾燥は肌に様々な老化現象やトラブルを引き起こします。十分な紫外線対策と保湿ケアが出来ているか今一度確認しておきましょう。

おすすめエイジングケアまとめ

それでは、おすすめのエイジングケアについてご紹介していきます。自分に合ったものを見つけて、ぜひ実践してくださいね。

重力に負けない表情筋を作るケア

顔のたるみは、下方向に下がろうとする重力によってどんどん引き起こされます。

若い頃は重力に負けない肌のハリや弾力があるのですが、年齢を重ねるにつれ重力に負けそうになってしまうのです。これは、顔を支える表情筋という筋肉の力が低下してしまうことが原因です。

たるみに負けない肌を作るには、この表情筋を鍛えるケアが必要です。

表情筋を簡単に鍛える方法として、顔のエクササイズがあります。大きく口を開けて、「あ・い・う・え・お」と発音し、表情筋を刺激しましょう。一文字発音するにつれ、5秒から10秒ほどキープするとより効果的です。表情筋を鍛えると、たるみを改善するだけでなく、表情が豊かになるので魅力的な雰囲気になれますよ!

コラーゲンを強化するケア

年齢を重ねるにつれ、肌のコラーゲンが徐々に減っていき、50代になると20代の頃の半分にまで減ってしまいます。

コラーゲンが劣化するとたるみが起こりますが、コラーゲンは加齢とともに減少するだけでなく質までも悪くなってしまうのです。新しいコラーゲンがプルプルの状態だとすると、古くなったコラーゲンは使い古した油のようなイメージです。このようなコラーゲンの固さや重みがたるみの原因になります。

そのため、たるみを改善するには質の良いコラーゲンを増やすケアが重要になります。スキンケアでコラーゲンを補うことも大切ですが、体の中から良質なコラーゲンを摂取することも大切なのです。

コラーゲンが豊富なうなぎや鶏皮、すっぽん、手羽先、豚足などから摂取することがおすすめです。また、サプリメントからコラーゲンを摂りいれる方法もあります。

たるみを防ぐマッサージケア

人間の体は約6割が水分だとされ、汗や尿で老廃物を排出しながら、新たな水分を補給するように常に循環しています。しかし、この体の循環が上手くいかずに老廃物が体内にため込まれると、顔や体のむくみにつながります。また、新陳代謝も妨げられてしまうので、頬など顔の皮下脂肪まで固まってしまうのです。

顔にある皮下脂肪は燃焼しにくいので、これらが重みとなり、顔のたるみにつながります。

そのため、このようなたるみになる前に顔のむくみを改善することが大切です。おすすめなのが、たるみを防ぐマッサージケアです。簡単なのでぜひ行ってみてくださいね。

  1. マッサージクリームを顔全体に塗り、顔を両手で包み込むように手の平で顔を覆います。
  2. 顔の冷たい部分はむくみやすく凝り固まっているので、手の平で優しく温めます。
  3. おでこを軽く押さえながら、中心から外側に向かって手をゆっくり移動させます。
  4. 小鼻の横から眉間に向かって指の腹で優しく押し、小鼻の横から上唇の中心に向かって優しく押しながら指をゆっくりと移動させます。
  5. こめかみ、頬、エラ部分の順で押し、エラ部分まで来たら耳の下へ流すようにマッサージします。
  6. 目の周りはシワになりやすいので、優しく注意して行います。

エステで出来るたるみケア

より本格的なたるみケアをしたい場合は、エステサロンでのケアがおすすめです。自分では出来ないスペシャルなケアをエステティシャンによってじっくり施してもらいましょう。

かっさマッサージ

エステサロンでは、今人気のかっさを使ったケアも出来ます。かっさとは、陶器や天然石でできたプレートによって、顔を刺激して美肌に導くというケアです。

かっさの形は凹んでいたり波打っている部分があるので、用途や使う場所によって刺激する場所を変えていきます。

老廃物を流したりツボを刺激することができるので、顔色が良くなったり顔のむくみが解消されていきます。たるみケアとしてもおすすめの施術なのです。

ハンドマッサージ

ハンドマッサージとは、美容のプロによるエステティシャンの手技でマッサージする施術です。

たるみにつながる筋肉やリンパの流れをプロが見極めてマッサージするのでたるみにとても効果的です。また、コラーゲンや美肌成分がたっぷり配合されたジェルやクリームを使ってマッサージしてくれるので、マッサージ後の肌はハリのあるぷるぷるした状態になっているでしょう。

ほかにも、特別なマシンを使ったケアや美顔器を使ったケアなど様々な施術があります。エステサロンでは、肌のお悩みや肌質に合わせて最も自分に合った施術を選んでもらいましょう。

まとめ

いかがでしたか?

厄介なたるみも、自分で出来るケアやエステサロンでの施術を知ると改善できそうな気がしますよね。

特に、エステサロンではその人のたるみの症状に合ったケアをしてくれるので、セルフケアより高い効果が期待できます。また、自分でケアすると時間がかかりそうなものでも、エステサロンの本格的な施術だとより早い改善が見込めます。

自分に合ったケアで、たるみのない若々しい美肌を手に入れましょう!