はじめてブライダルエステを受ける人によくあるQ&A

 

結婚式の当日は最高に美しくありたいと女性なら誰もが思いますが、ブライダルエステを受けるにあたっては、不安や疑問もあるようです。

しかし、フェイシャルケアやボディケア、シェービングなどをおこなうと、確実にきれいな花嫁さんを目指すことができます。

さまざまな疑問点をクリアにして、納得のいくブライダルエステを受けましょう。

 

Q.ブライダルエステと普通のエステとの違いは?

 A.ブライダルエステは、挙式という目標があり、日時が決まっているためにスケジュールを立てて集中的にケアします。

普通のエステは、長いスパンで美しくなることを目標とすると同時に、美しさを維持するためにおこないます。

どちらも美しさの追求に変わりはありませんが、ブライダルエステはゴールを目指した形の比較的短期のエステと言えるでしょう。

 

それだけに失敗は許されないので、しっかりとした技術を持ったエステティシャンの的確な施術が必要となります。サロン選びは慎重にするようにしましょう。

 

Q.短期間でもキレイになれるの?

A. 高い化粧品や美顔器などを使って自己流でケアするよりは、たとえ短期間でもプロの手で施術を受ける方が確実です。

リンパの流れが滞っていると、むくみやくすみの原因になりがちですが、たった1回の施術でも流れがよくなります。

アドバイスもしてもらえるので、お家でも入浴時などにセルフマッサージがおこなえます。

 

ほんとうは最低でも2~3ヵ月前から計画的にブライダルエステに通うのが理想ですが、仕事や雑用に追われてケアするのが遅くなってしまった方も、あきらめないで下さい。

駆け込みエステでも、確かな技術を持ったエステティシャンは、施術を受ける人の悩みにそったお手入れをすることが可能です。たとえ挙式の1日前でも施術効果が得られます。

 

自分では見えない背中などは、ドレスを着た時に目立つものです。

自分で見えない部分は、エステティシャンというプロの目での判断が、とても重要となってきます。全身のリンパを流し、シェービングをするだけでも、むくみやくすみが解消され、肌の色とツヤが違ってきます。

 

Q.予算の関係上、出費を減らしてキレイを手に入れたいのですが?

A. 結婚式のためにお金を使ってしまって、新婚生活に影響を与えてしまうのも考えものです。挙式当日までに何とか美しくなりたいと、あせって大金をつぎ込むのは禁物です。

 

余裕がある人はともかく、お金をかければかけるほど美しくなれるわけではないので、肌の生まれ変わるサイクルにあわせてケアすることも必要です。

そのため、最低でも挙式の2~3ヵ月前からブライダルエステを受けるのが、お金をかけずにキレイを手に入れる秘訣です。

 

エステサロンを選ぶ際には、公式サイトで確認し、後々のトラブルを避けるためにも施術料金が明確に表示されているサロンを選ぶようにしましょう。

また、カウンセリングの段階で予算を打ち明けて、相談に乗ってもらう方法もアリですね。

プロならその人の現時点で必要なケア部位が分かるはずなので、良心的なサロンならフリープランも立ててくれます。

 

恥ずかしがらずに、ブライダルエステを受けるはじめに予算と施術してほしい部位伝えておくことで、安心して施術を受けることができます。

 

Q.最低限これだけはやっていてよかったといえるブライダルメニューは?

 A.ブライダルエステを受けた先輩花嫁たちが、一番やっておいてよかったケアが、背中と答えています。

ふだんは背中の開いた服を着る機会が少ないのであまり気を使いませんが、一度鏡に映して背中を見てください。ニキビや吹き出物のほか、かなり濃い目の産毛が目立ちませんか?

ほとんどの方が、背中のケアを受けてよかった思っているようです。

また、肩の肉の盛り上がりや背中の脂肪はドレス姿を半減させるので、無駄肉に働きかけるケアもやっておけばよかったとの声が聞かれます。

 

二番めにやってよかったとの意見が、フェイシャルエステデコルテのケアです。

お顔の手入れをしておくと、お化粧のノリが断然よくなります。

内容は、角質を取るピーリングや保湿パックといったものから小顔を得るためのマッサージ、イオン導入などがあります。

また、鎖骨にリンパを流すリンパマッサージをすることで、首のラインとデコルテがすっきりしたと、先輩花嫁さんは実感しているようです。

 

三番めはシェービングです。昔から結婚式近くになると顔や首のムダ毛の処理をしたようですが、やはりムダ毛の処理は肌全体のトーンを明るくしてくれます。

ただ、毛ぞりをした後は肌が敏感になりやすく、体調によっては肌荒れを起こす可能性もあるため、3日前ぐらいにはプロの手でシェ―ビングを終えておくのが理想です。

 

やっておけばよかったブライダルメニューは?

  • メリハリボディを得るための痩身エステ

グローブをはめた時に二の腕のタルミが目立ったとか、ウエストのひきしまった感がなかったなど、理想のメリハリボディで挙式を迎えられなかったことを悔やむ人も多かったようです。

ダイエット効果を得るには、やはり最低でも3~4ヵ月の期間がなければ、美しいボディラインを手に入れるのは難しいようです。

もう少し早めに、ダイエットエステも含めたブライダルエステをはじめればよかったといった声も聞かれます。

 

しかし、ボデイラインを整える方法には手技だけでなく、フリーズファットやキャビテーション、ラジオ波、セルライトトリートメントなどの方法もあるので、サロンで相談するとよいでしょう。

 

  • 脱毛

ブライダルエステにシェービングは取り入れたものの、早めに脱毛をしておくべきだったという人も多いようです。

新婚旅行で水着やキャミソール姿になる機会があると、ムダ毛が気になってしまいます。

独身の早いうちから脱毛をしておくべきだったとの声も聞かれます。

 

まとめ

結婚式の時期は春や秋、連休や大安などに集中しやすく、エステサロンも時期によっては込み合うことがあります。

余裕をもってお手入れをすることで、リラックス効果も得られます。

先輩花嫁さんたちの意見を参考にして、後悔しないブライダルエステを受けるようにしましょう。