フットマッサージを行うことで得られる嬉しい効果とは?

足の悩みを抱えてる人は多いようです。

特に女性は仕事上パンプスを履く必要もあり、夕方になると足の親指の付け根がジンジンと痛く、足を引きずりながら帰宅することもあるのではないでしょうか。

体全体を支えている足は思いのほか疲れており、適度なマッサージやケアを必要としています。

 

フットケアとフットリフレの嬉しい効果

 足のトラブルはとても辛く、気持ちも落ち込みがちです。

毎日を前向きに過ごすために、体を支えてくれている足をもっといたわってあげましょう。

定期的にフットケアやフットリフレを受けることは、美容と健康のためだけでなく、生活全体の質を上げることになります。

 

ふくらはぎから下をマッサージをすることで、血行が良くなり免疫力が上がります。

また、足のトラブルが原因で腰痛や肩こり、便秘などを引き起こすことがありますが、定期的に足のマッサージをすると、不定愁訴といわれる原因不明の不快症状も解消されると言われています。

 

フットケアやフットリフレは、体や心の不調に効果的に働きかけます。

ホルモンのバランスを整える効果もあるので、プチうつや不眠症の改善にもなるようです。

 

フットケアとは?

エステサロンでおこなう一般的なフットケアの方法は、まず、足の洗浄後、角質の除去を行います。

各サロンによってケアの内容や費用は様々ですが、ウオノメやタコの処置、爪の甘皮処理も併せて行うサロンもあります。

ネットなどで調べて、自分が望む目的に合ったサロンを選ぶと良いでしょう。

 

フットリフレとは?

リフレクソロジーとも呼ばれ、足の裏の反射区を刺激することで、足の疲れやむくみを取り血流を良くし、体内にたまった不要な水分や老廃物の排出を促します。

 

足のトラブルの原因は?

 

一般的にパンプスなどが外反母趾の原因となり、足のトラブルを引き起こしていると考えられていますが、その他にも様々な原因があります。

 

外反母趾について

外反母趾の初期症状は、親指のつけ根の腫れや足の裏全体の違和感などですが、進行すると、耐えきれないほどの痛みに悩ませられます。

 

ハイヒールやパンプスなどの靴が原因で外反母趾になるだけでなく、遺伝的な要素もあり、女性の場合は、母親や祖母が外反母趾だと、娘や孫も外反母趾になりやすい傾向があるようです。

 

筋肉のない足は外反母趾になりやすい

足の指に筋力がないとペタペタとした歩き方になりがちですが、足に筋力をつけると外反母趾が改善されます。

 

そのほかにも外反母趾になりやすい足は、偏平足や親指が第二指よりも長いなど、足の形態にも関係します。

足の形によっては靴が合わない場合が多く、ウオノメやタコの原因となってしまいますが、初期のうちに適切なケアを行わないと、どんどん角質化が進み様々なトラブルを起こしてしまいます。

 

フットケアやフットリフレによって得られる効果は?

 エステサロンで得られる効果はリラクゼーション効果で、広い意味での心と体の癒しのための施術です。

治療ではありませんが、エステサロンではリラックスしながら足のトラブルを予防することができます。

 

足のトラブルで一番多いのが、かかとの角質化です。

自分ではなかなかきれいに除去しにくいものですが、逆にこすり過ぎて傷つけてしまうこともあります。

また、足に合わない靴による初期のウオノメタコが、痛みやトラブルの原因になるとも言われています。

フットケアで、医者にかかるほどでもない初期のウオノメやタコを除去することで、足のトラブルを未然に防ぐことが可能です。

 

エステサロンで定期的にフットケアを行うと、歩いた時の違和感がなくなります。それは、足底がキレイになって正しく地面につくからです。

小さなタコやウオノメとはいえ、余計なものが足の裏にあると身体のバランスを崩し姿勢を悪くする原因となってしまいます。

 

ヒール姿でさっそうと歩いている人の多くは、プロの手を借りて定期的にフットケアを行っているようです。

 

フットリフレもフットケア同様各エステサロンによって施術方法も様々ですが、足の裏、甲、ふくらはぎなどの反射区を刺激しながら、体全体のリラクゼーション効果を高めていきます。

リラックスしながら足のむくみや疲れを取る施術が、エステサロンの特徴です。

体と心はつながっているので、体がリラックスすることで心も軽やかになります。

ひざ下からふくらはぎのむくみやすい部分に働きかけ、体内にたまった水分や老廃物の排泄を促すと体全体が温まり、安眠効果も得られます。

 

足の甲や足首、ふくらはぎのむくみが慢性化すると、足が太く見えるだけでなく、体に様々な影響を与えます。

足に疲労物質がたまると血流が悪くなりカチカチやパンパンの足になったり、逆にフニャフニャして弾力性がなくなったりしますが、そんな足の異常に気がつきながら、放置していると、心臓病になる可能性もあります。

 

人の血液は重力のために70%が下半身に集まりますが、ふくらはぎは重力に逆らってせっせと心臓に戻すためにポンプの役目を休む間もなくしています。

ふくらはぎなどの機能が弱まると、心臓の機能も弱まっていくようです。

 

ふくらはぎから下に異常を感じる時のほとんどが、心身とも疲れている時です。

自分で軽くもむだけでもかなり効果を得ることができますが、プロのエステティシャンの施術を受けると、心と体のリラクゼーション効果を得ることができます。

 

セルフフットマッサージのやり方

 ふくらはぎから下を毎日寝る前に1~2分マッサージするだけでも、体の冷えが解消されて血流がよくなります。

足の裏にはありとあらゆるところにツボと言われる場所が点在しているので、痛気持ちいいところを押すとよいでしょう。

足首や足の指は全身の血液循環の要ですが、体の末端の部分には血液が届きにくいので、

足首や足の指を意識して、毎日回したりマッサージをすることが大事です。

また、ふくらはぎは心臓に向かってさすり上げるだけで血流が改善され、むくみなどの不快症状が軽減されます。

 

まとめ

 足の健康は、体全体の健康と大きく関係しています。

何かと忙しい中、たとえ数分でも自分で足のケアをすることは結構たいへんなことです。

定期的にエステサロンでケアしてもらうと、心身ともにリラックスすることができます。長い目で見ると、フットケアは自分への安いご褒美かも知れません。