かかとの角質は早めにケアが吉!フットケアでかかとまでツルツルの完璧女子に!

靴下を脱いだら、かかとがひび割れていたり角質でガサガサだったら、女性としてとても残念ですよね。

もし足元までツルツルだったら、女子力が高くて男性からの受けも間違いないでしょう。そんな完璧女子になるにはいったいどうすれば良いのでしょうか。

ここでは、かかとに角質が溜まる原因や、フットケアで角質をすっきり取り除く方法についてご紹介します。ストッキングがひっかかることのないツルツルかかとを手に入れたい方はぜひ参考にしてくださいね。

かかとに角質が溜まる原因

がさがさかかとになる原因は、皮膚の表面の角質が厚く硬くなる角化症が主です。かかとの角化症は、少し乾燥している程度から、完全にひび割れているものや、痛みや出血がともなうものまで様々です。しかし、どれも原因は乾燥と外部の刺激、古い角質、水虫などの雑菌の4つになります。

乾燥

かかとのガサガサの原因は、かかと表面にある角質層の水分不足による乾燥です。かかとはもともと、皮脂分泌が行われることで肌を保湿し、保護する役割の皮脂腺がないのです。

そのため、かかとは体の中でも最も乾燥しやすいパーツと言えるのです。

また、エアコンなどの暖房器具は皮膚を乾燥させがちです。そのため、暖房器具を使う機会の多い冬は注意が必要です。かかとのケアを怠ると、乾燥した状態が続くので、ガサガサかかとやひび割れを引き起こしてしまいます

外部の刺激

かかとや足の裏は、立ったり歩いたりしているだけでも全体重がかかり、1日中たくさんの刺激が加わっています。靴のサイズが合っていなかったり、サンダルなどで紫外線を浴びることも角化症を進行させる要因となります。

このような外的刺激から皮膚を守ろうとすると、角質が徐々に厚くなり、ガサガサかかとからひび割れへと進行していきます。また、乾燥している肌は余計に外的刺激を受けやすい状態になっています。

古い角質

角質は外的刺激や乾燥によってどんどん厚くなっていきます。肌の生まれ変わり(肌のターンオーバー)が正常に行われていると、古い角質は垢となって自然と剥がれ落ちていきます。しかし、もともと足はリンパや血液の流れが滞りやすいので、新陳代謝が悪くなりやすいのです。

さらに、ストレスや加齢、生活習慣の乱れなどによって、肌の再生機能が衰えると、古い角質が排出されずにどんどん蓄積され、分厚くなってしまいます。

角質層が厚くなると、水分が行き渡りにくくなり、乾燥が進んでいきます。さらに、角質は厚くなってひび割れになるという悪循環になってしまうのです。

水虫などの雑菌

また、単純に角化症ではない場合もあります。水虫などの雑菌によって、かかとが固くなって白く粉を吹く場合もあるのです。

足の指の水虫とは異なり、かゆみがほとんどないので気付きにくいという特徴があります。これは、水虫の原因である白癬菌が皮膚の奥に存在するためなのですが、放っておくと指や爪にまで感染する可能性があるので注意が必要です。

ガサガサかかとを防ぐためのケア

それでは、ガサガサになったかかとをケアするにはどうすれば良いのでしょうか。ここでは、おすすめのケアをご紹介します。

保湿する

かかとが乾燥によってがさがさしている場合は、保湿することが大切です。顔や体に使っている保湿クリームや化粧水で充分なので、かかとにもしっかりと塗りこみましょう。お風呂上りは体の水分量が上がり、皮膚が柔らかくなっているので保湿するタイミングとしては最適です。

【保湿の方法】

  1. 化粧水を含ませたコットンでかかとに水分を与えます。
  2. 保湿クリームや乳液でかかとに与えた水分に蓋をします。
  3. クリームなどを塗りながらマッサージするとなお効果的です。

使用するクリームは顔や体に使うものでも良いですし、かかと専用の化粧品もあるのでそちらでも良いでしょう。おすすめはビタミンEが配合されているクリームです。このようなケア商品は、皮膚の血行を促し、代謝を高めるのに役立ちます。

また、ガサガサになったかかとを柔らかくするには、尿素が配合されたクリームが効果的です。しかし、傷がついているような重度のひび割れには、しみてしまうことがあるので気を付けましょう。

スペシャルケアとしておすすめなのは、かかとパックです。かかとに保湿クリームをたっぷり塗って、その上からラップを巻き、15分ほどパックします。ラップを外すと驚くほど皮膚が柔らかくツルツルになっているでしょう。

リラクゼーションエステで出来るフットケアとは?

自力でのケアに限界を感じた方や、もっと本格的なケアをしたい方におすすめなのがリラクゼーションエステでできるフットケアです。

フットケアでは、足に溜まった角質を取り除き、さらにマッサージなどでかかとをツルツルに磨いていきます。こういったフットケアを行うと、かかとがつるつるになるだけではなく、足の嫌なにおいやムレの改善にもつながります。

夏にサンダルをはくことが多かった方は、角質が溜まりやすかったり紫外線の刺激を受けていることが多いです。角質が溜まっている可能性が高いので、ぜひフットケアでしっかりケアすることがおすすめです。リラクゼーションエステでは、本格的なフットケアでも約30~40分程度でキレイな足元を手に入れることができるでしょう。

ペディキュアなども映えるので、フットケアは女性に大変人気の施術です。

まとめ

いかがでしたか?

かかとのがさがさは、靴下を履いていると周りに気付かれることはありませんが、角質がどんどん硬くなって溜まることでいやなにおいが出てきたり、ストッキングやタイツに引っかかって伝線してしまう可能性があります。素足になったときに恥ずかしい思いをしないためにも、かかとの角質ケアはしっかり行った方が良いですね!

自宅では、乾燥を防ぐ保湿ケアやマッサージ、かかとのラップパックなどでケアすることができます。

しかし、もっと本格的にケアしたい場合は、リラクゼーションサロンやエステサロンでできるフットケアや角質ケアで、とことんキレイにしてもらいましょう。エステティシャンに足をケアしてもらうと、気持ち良くてリラックス感を得ることもできますよ。

ぜひ、かかとまでツルツル肌の完璧女子を目指してくださいね!